AGAの原因とヘアサイクルの関係

AGA調査団

男性ホルモンにより、毛周期 成長期 持続が続かないとAGAが発症するようです。

AGA調査団のmainimage

AGAの原因とヘアサイクルの関係

AGAの主な原因は男性ホルモンの異常活発化にありますが、この男性ホルモンが毛髪に影響を与えるので、正常なヘアサイクル(毛周期)を営めなくなり、AGAが発症してしまうようです。

ここでは毛周期 成長期 持続についてご説明したいと思います。

まず、毛周期についてですが、毛周期には、成長期、退行期、休止期の3つの期間に分けられます。

まず「成長期」についてですが、これは2年から6年にかけての期間になります。

この期間は毛髪を生成する毛乳頭細胞が一番活発になり、太くて長い髪の毛が育つ時期です。

次に、「退行期」ですが、この期間は2週間です。

この時期は、毛乳頭細胞が毛根深部に小さく縮小し、髪の毛の成長が低下する期間となります。

そして最後に「休止期」がありますが、これは約3から4ヶ月の期間にわたります。

この時期は、毛乳頭細胞が活動を止め、髪の毛が抜ける期間となります。

以上が人のヘアサイクルですが、AGAにおいてDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンが、成長期の毛髪に影響を与えると、通常は2年から6年の期間のところを、数ヶ月から1年の期間に短縮させてしまうようです。


http://www.osaka-clinic.com/aga/

このように成長期が短くなると、退行期、休止期にも影響が出て、この時期には細くて短い毛が増えます。

そしてこの状態が持続すると、頭頂部が薄くなったり、額が広くなったりし、AGAが発症するというわけです。

異常が毛周期 成長期 持続の関係でしたが、このヘアサイクルにおいて、成長期を持続させるためには、飲む育毛剤「プロペシア」が効果的なようです。

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント